[WordPressプラグイン]カテゴリ・投稿タグ説明文でリッチテキスト(html)を使えるようにするプラグイン「Rich Text Tags」

カテゴリ・投稿タグでリッチテキスト(html)が使えるようになるプグインのご紹介。
プラグイン:Rich Text Tags

初期状態でテキストしか投稿できないカテゴリ説明と投稿タグ説明ですが、クライアントから「ここを自由に編集したい」とご要望がありまして使ってみました。
テキストエリアにhtmlを記述してそれを表示する方法もありますが、これだとクライアントにhtmlを書いてもらうか、日ごろ使い慣れているHPBなどで編集したもののソースをコピペしてもらうしかありません。
(実際むやみやたらにプラグインを導入するのはキライなので、本当はこちらをお勧めしたいところ)
しかし、この方法だと難しい、めんどうとのことでRich Text Tagsを導入してみました。

いつもの記事を書くのと変りなくカテゴリ説明、投稿タグ説明を挿入できるので更新は楽になりました。
もちろん画像等も今まで通りです。

[WordPressプラグイン]カテゴリ・投稿タグ説明文でリッチテキスト(html)を使えるようにするプラグイン「Rich Text Tags」

プラグインインストール方法

Rich Text Tagsからダウンロードし、pluginsフォルダにアップロード、またはプラグイン→新規追加から「Rich Text Tags」を検索、有効化。
あとはカテゴリの編集、タグの編集から編集できます。

ページに表示する方法

カテゴリ説明

投稿タグ説明

それぞれループ外の記述すればOKです。

まとめ

なかなか便利なプラグインですね。これで更新も楽になりそうです。

プラグインは使いたくないって方は
きほんのき様」「猫でいいです(猫雑記)様」が参考になるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク